育児支援

TGiNETの福利厚生の中でも、
特に充実しているのは妊娠から出産、
子育てに至るまでの制度です。
仕事と子育て、どちらも大切。
これからも、子育て期の社員を数々の制度で
バックアップしていきます。

育児支援

妊娠・出産期の支援制度

通勤緩和

通勤緩和

フレックスタイムで時差通勤してもなお負担が軽減されない場合、勤務を1時間短縮できます。

通院のための勤務免除

通院のための勤務免除

勤務時間内に健康診査や保健指導を受ける必要がある場合、1時間単位で勤務を短縮できます。

産前休暇

産前休暇

出産予定日の6週間前から取得できます。特別休暇なので給与が支払われます。

作業の制限

作業の制限

担当業務が妊娠中・出産後の身体に負担となる場合などは、作業制限や業務転換などで負担を軽減できます。

勤務時間の短縮

勤務時間の短縮

妊娠中・出産後の症状によっては、勤務時間を短縮することができます。

利用者の声

産前産後休暇・育児休職

3人の子供それぞれで、1年2ヶ月程度の産休・育休を取得。その間、上司や同僚が会社の情報を適宜共有してくれました。
休職中も会社とのつながりや自分の存在価値を感じられたため、浦島太郎にならず、不安も少なく復職できました。
青木 恵美子
基盤・運用サービス部
運用統括G
青木 恵美子

育児期の支援制度

産後休暇

産後休暇

産後8週間は就業できません。ゆっくり体を休めましょう。産前休暇と同様、特別休暇なので給与が支払われます。

育児休職

育児休職

子どもが満3歳の誕生日以降の最初の4月末日を超えない日まで、休職できます。

育児勤務

育児勤務

子どもの小学校6年生終了時までの期間、「月の所定勤務日数×2時間」を上限に勤務時間を短縮することができます。

看護休暇

看護休暇

小学生未満の子の病気やけがの看護のために、1人につき年間5日、2人以上で10日間を上限に休暇を取得できます。

所定外労働の免除

所定外労働の免除

3歳未満の子の養育のために、所定外労働の免除を申し出ることができます。

深夜勤務の免除

深夜勤務の免除

小学生未満の子の養育のために、深夜勤務の免除を申し出ることができます。

在宅勤務制度

在宅勤務制度

小学校6年生までの子を持つ育児休職経験者は、週1回を上限として在宅勤務を申し出ることができます。

ウェルカムバック制度

ウェルカムバック制度

結婚、出産、育児、介護、配偶者の転勤により一度会社を退職した社員を積極的に受け入れる制度です。
生活環境の変化に応じた働き方の選択肢を増やすための取組の一つです。

利用者の声

育児休職

男性の育児休暇取得はまだ少ないので不安でしたが、上司の後押しと周囲のフォローにより1ヶ月取得。
じっくり育児に取り組め、また自身のリフレッシュにもなり、仕事と子育てをバランスよく行えるようになりました。
この経験を大切に、現在もなるべく早く帰宅できるよう、業務を工夫しています。
菅沼 庸弘
営業ソリューション部
LIVALITG
菅沼 庸弘

育児勤務

通勤時間が長いためフルタイム勤務すると保育園の送り迎えは厳しいのですが、一日2時間の勤務短縮により、送り迎えが出来てとても助かっています。
時短勤務をする中では効率的に業務をこなすこと、生産性を上げていくことを意識しています。
島崎 歩
営業ソリューション部
エネルギーソリューション営業支援プロジェクト
島崎 歩

在宅勤務

育児理由で週1回、在宅勤務をしています。
通勤時間が無くなるので、子供とのコミュニケーションの時間が増え、普段より少し手の込んだ料理をするなど、普段あまりできないことをする時間にしています。
四元 真紀子
コーポレートソリューション部
コーポレートサポートG
四元 真紀子