インターンシップ体験談

  • 【夏】
    5Days
  • 【夏】
    10Days
    ※過去実績
  • 【冬】
    3Days
5Days slide01
5Days slide02
5Days slide03
5Days slide04
5Days slide05
5Days slide06
5Days slide07
5Days slide08
5Days slide09
5Days slide10
5Days slide11
5Days slide12
  • LIVALIT G配属
    学部3年

    初日のオフィスツアーが印象的だった。オンラインではあったが、自分で実際に見学した気分になれたのでとても楽しめた。

  • DXC配属
    学部3年

    初日の業界説明では、改めて業界や企業についての説明を受け、理解を深めたうえで後の業務に取り組めた。配属部署の異なる学生も含めて自己紹介を行ったので、様々な分野で頑張っている学生が集まっていることを感じやる気が出た。

  • DXC配属
    学部3年

    WEBテストの結果から性格診断レポートを渡されたが、ここまで詳細なレポートを入手したことがなかったため、大変参考になった。性格の分析だけでなく、その性格が働く上でどのように活きるかや今後意識すべきポイントも書いてあったので、ぜひ今後の就職活動に生かしたい。

  • LIVALIT G配属
    学部3年

    目標設定ワークでは、自分の好きなことや得意なことから目標を設定するというアプローチ方法に最初は苦戦したものの、自分にあった目標が立てられた。目標を立てることで、インターンシップをただ過ごすのではなく、反省と改善を繰り返しながら取り組めたので自己成長に繋げることができた。

  • エネルギー
    サービスG配属
    学部3年

    職場配属では、プロダクト提案会が最も印象的だった。1日半ほどの共同ワークの集大成として、実際に自分たちが考えたプロダクトをお客様にうまく説明、アピールできるか、また、興味を持っていただけるかという点について考え提案した。少し緊張もしたが、前日の上長レビューの反省を踏まえチーム全員でうまく進められたのではないかと思う。自信にも繋がった。

  • GIS G配属
    修士1年

    職場配属で最も印象的だったのはアイディアソン。他社と比べ、課題に対する解決策を考える自由度が高く、初めはどのように結論を出そうか迷った。チーム内での意見を関連付け、擦り合わせ、多角的な提案を完成したときの達成感は大きかった。

  • 防災・緊急保安G
    修士1年

    職場配属ではピッチコンテストが特に印象に残った。「風通しの良い社風」「意見が尊重される社風」を謳う企業は多くあるが、実態として本当にアイディアが生まれていく場を見られたことで、本当の風通しの良さを感じることができた。

  • DXC配属
    学部3年

    最終日の成果発表会には、想定していたよりも多くの社員の方々が参加してくれて、緊張しつつも非常にやりがいがあった。質疑応答では、自分が何となくできていたことに対して疑問を投げかけられ、改めて自分の思考パターンや物事への取り組み方を自覚する機会になった。

  • エネルギー
    サービスG配属
    修士1年

    自分自身の中の成長を自分の言葉で表現するという点で、成果発表会は製品提案会とは違った楽しさがあった。インターンシップに参加するにあたり、とても意義のあるものと感じた。プロダクトの考案をどこか他人事にせず、自分のこととして成長をアピールする契機となった。

  • GIS G配属
    修士1年

    オンライン懇親会では、業務内容以外のコミュニケーションをとることができた。 社員との懇談会では、配属先グループ内での普段の交流などインターンシッププログラム中には聞きづらいことも直接聞くことができ、入社した場合のキャリアについて考えることができた。他グループの学生との懇談会では、他グループの業務体験内容も知ることができた。

  • LIVALIT G配属
    学部3年

    インターンシップがオンライン化したことで、できることが限られてるようには感じなかった。 オンライン上で実際の会議に参加し、会議がどういう雰囲気で行われているのかを感じることができた。 先輩社員もテレワークの方が多かったので、オンラインインターシップに対しての違和感はなかった。

  • DXC配属
    修士1年

    DXCでは1日出社・4日間オンラインのプログラムで、個人的には良かったと感じる。一度は実際に会社に行ってみたいということが叶えられ、オンラインでは自分の環境を使うことができ作業しやすかった。自宅が少し遠いので、出社のために時間がかからないことも良かった。

  • GIS G配属
    学部3年

    5日間のインターンシップは他の企業ではあまりなく、とても濃い経験が出来た。今まで参加したものは1dayでの業務体験がほとんどだったが、成長度や企業理解が断然違った。

  • 防災・緊急保安G
    修士1年

    配属先は全日程オンラインだったため、一日だけでも社内を見たかった気持ちはあった。 Microsoft teamsは使い慣れないため、操作に戸惑うこともあった。ただそれ以外は大変満足のいくものであり、特に、常にチューターの先輩社員がつきっきりの感じがあったことで安心した。

※2020年度の体験談です

5Days slide01
5Days slide02
5Days slide03
5Days slide04
5Days slide05
5Days slide06
5Days slide07
5Days slide08
5Days slide09
5Days slide10
5Days slide11
5Days slide12
  • デジタル開発
    G配属
    修士1年

    初日の業界説明では、IT業界の説明や、その中でのTGiNETの立ち位置を教えてもらえたところが良かった。 IT業界の用語は難しいものが多く、調べていてもよくわからないところが多かったので、講義形式で丁寧に説明してくれたことで理解が深まった。

  • デジタル開発
    G配属
    修士1年

    今までも何度か性格診断を受けたが、それらの結果からは当たり障りのない既知なことしか分からなかった。それに対して今回の性格診断レポートはより踏み込んだ内容であり、各性格や特徴の分類と解説がしっかりと書かれているため、自己分析で朧げに見えていた自分を捉え直すのに大いに役立った。

  • デジタル開発
    G配属
    修士1年

    正直、webテストの性格診断を面倒に感じていて、「こんなもので何がわかるのか…」と思っていた節があったが、レポートを見てみると自分の性格を言い当てられているところも多く驚いた。自分では発見できないであろう一面も知ることができたので、就職活動を進めるにあたっての自己分析や自己アピールのエピソード選びにも役立つのではないかと感じた。

  • アプリ基盤
    G配属
    学部3年

    目標設定ワークに取り組む際、正直なところ最初は少し面倒くさいと思っていたが、インターンシップ中に日報を書いたりその日の振り返りをしたりする際には、立てた目標をベースに考えられたので、反省や自己評価がとてもしやすくなった。

  • アプリ基盤
    G配属
    修士1年

    クラウドアプリケーションアーキテクチャチームでの業務体験が非常に印象に残った。コンテナ技術について理解を深めることができたというのもあるが、社員から「新しいものを追い求めるだけでは、それが廃れてしまった時に何も残らない」という言葉を聞いて、ハッとした瞬間があった。自身の就活の軸が「新しいものを追い求めること」であっただけに、自身の就活や人生の軸に大きな影響を与えてくれたと考えている。

  • デジタル開発
    G配属
    修士1年

    職場配属で最も印象に残ったことは、デザインスプリントの経験。短い時間内に集中して業務に取り組め、作業をやり遂げる事の重要性を学んだ。残業は極力しない、ONとOFFのメリハリをつけるTGiNETの風土は自分も残りの学生生活で染み込ませようと思った。

  • アプリ基盤
    G配属
    学部3年

    最終日の成果発表会は多くの先輩社員の前でプレゼンテーションを行うということでとても緊張したが、事前のリハーサルでチューターの社員から様々な助言をもらえたので本番では安心して取り組めた。しかし、オンラインでのプレゼンテーションというのはあまり経験がなく、相手の反応などが見えないため普通のプレゼンテーションより難しさを感じた。

  • デジタル開発
    G配属
    修士1年

    最終日の成果発表会では20人にもわたる社員が発表を見に来てくれた。驚きだったのが、新入社員1年目の先輩がチャット上でコメントをたくさん残してくれたこと。相手の意見を尊重し、まず長所を褒める、そして改善すべき点や着目すべき点について言及してくれた。

  • デジタル開発
    G配属
    修士1年

    オンライン懇親会では、参加した学生で連絡先を交換するほど仲を深められた。 他グループでどのような活動をしたのかを聞ける機会もあり良かった。部署ごとにチーム活動の有無や社員との交流の機会などが異なり、10日間のインターンというものが貴重な経験だと再認識した。

  • アプリ基盤
    G配属
    学部3年

    当初はオンライン中心のインターンシップに変更となったことに少しがっかりしたが、改めて考えてみるとオンラインと出社を並列して行うにはこれからほとんどの職業で一般的なことになるため、結果的には一番現実に即したインターンシップだったと思う。オンラインでは少し不安もあったが、先輩社員がリードしてくれたおかげでスムーズに行うことができた。

  • デジタル開発
    G配属
    修士1年

    関西在住で、オンライン開催でないと参加できない状況だったので、オンラインでの開催には十分に満足している。様々な地方から参加した学生と関係を持て、雑談では地元トークなどで盛り上がる事ができた。まるでオフィスにいるような関係を社員が築いてくれたので、全く不満が残らなかった。強いて言えば、一度は対面で他のインターン生との会話や東京のオフィス見学をしてみたかった。

※2020年度の体験談です

5Days slide01
5Days slide02
5Days slide03
5Days slide04
5Days slide05
5Days slide06
5Days slide07
5Days slide08
5Days slide09
5Days slide10
5Days slide11
5Days slide12
  • インフラ技術
    G配属
    学部3年

    オンライン開催でしたが、SlackやTeamsなどのコミュニケーションツールを活用する事で、オンライン上での不都合は特になく、充実した時間を過ごす事ができた。

  • インフラ技術
    G配属
    大学院1年

    積極的に会話をする時間を作ってもらえたので、非常にやりやすく業務体験をすることができた。また在宅で働く社員の方も数多くいたので、そのような働き方を体験することができ、貴重な経験ができた。

  • オープン
    インフラ技術
    G配属
    学部3年

    他社では味わえないような体験、貴社でなければ知ることができない情報にも触れることができ、貴重な経験をすることができた。改めて、自分自身がどのような仕事にやりがいを感じ、どのようなキャリアを歩むことが望ましいか、ワークを通じて考えるいいきっかけになった。

  • オープン
    インフラ技術
    G配属
    学部3年

    先輩社員と1対1で業務体験をさせていただく機会なんてめったにない機会でしょうし、非常に手厚く対応してもらえた。また、2日目の「なぜなぜ分析」で培った、仮設を立てて想像し、考えるという思考プロセスは一生ものの財産になるように感じた。

  • オープン
    インフラ技術
    G配属
    大学院1年

    一日のみだとあまり深く理解することができないと思うので、三日間で良い経験ができた。また、担当社員に対しより質問しやすくなったことが良かった。

  • コーポレート
    サポートG配属
    学部3年

    ワークショップを通じては自身の長所を伸ばせただけでなく、リーダーシップを発揮するという新たな長所を見つけることが出来た。先輩社員との座談会では多くの方々が御社を選んだ理由として「人の良さ」を挙げていたが、ミーティング参加して様子を見て、先輩社員の方々がそう言っていた理由が少し分かった。

  • 営業支援G配属
    学部3年

    オンラインのインターンシップであるにもかかわらず、手厚いサポートのおかげで実りのある時間を過ごすことができた。Zoomのブレイクアウト機能も併用して、どんなタイミングでも社員に質問や相談をすることができた。

  • 営業支援G配属
    学部3年

    会社の雰囲気や実際の業務内容について深く理解することができ、働くイメージを具体化することができた。コミュニケーションを密にとっていたり、協力して作業を行っていることがわかり、イメージが変わった。私にも活躍できる場所があるのではないかと感じた。

  • 営業支援G配属
    大学院1年

    業務説明から実務の見学まで、オンラインながら業務のありのままが感じられるプログラム構成であると感じた。働くことに対する不安を解消できる非常に有意義なインターンシップだった。

  • 導管設備
    情報G配属
    学部3年

    オンラインでの会議に実際に参加して、雰囲気を知ることができたのがとてもよかった。また、毎日書く日報で色々なことを書くことができたので、その場で聞けなかったことも不安なことも解消できた。今は在宅勤務であったり、働き方が変わってきているので、在宅勤務だったらどのような感じなのか体感できるのでオンラインのインターンシップもとても充実していた。

  • 導管設備
    情報G配属
    大学院1年

    ワークを通してよく話し、よく考えることで、業務や自身の仕事に対する考え方について理解を深める機会となり、非常に有意義であったと感じた。

※2019年度以降の体験談から抜粋しています。

  • 【夏】
    5Days
  • 【夏】
    10Days
    ※過去実績
  • 【冬】
    3Days